女性

ほくろの治療法を確認【二重をメインにしているクリニックを受診】

注意点や手術方法の種類

カウンセリング

手術後の状態に注意

美容整形外科などでほくろの除去手術を行う場合は、手術後にお肌のトラブルが起こる場合があるため、あらかじめどのような症状が起こり得るのかを知っておく必要があるでしょう。まず手術直後に関しては、患部が赤みを帯びてしまうことが多く、とくにレーザーで行った場合に強く出ることがあると言われています。通常はしばらくすると症状が引いていきますが、いつまでも改善しない場合は医師へ相談する必要があります。そして手術後に患部が黒っぽくなってしまうという場合があり、さまざまな原因によって起こると言われています。主な原因としては、完全に除去できずに黒い部分が残ってしまう場合や、ほくろが再発してしまった場合、そしてレーザーによる色素沈着や反応性色素沈着が起こってしまった場合が挙げられるでしょう。また、治療を行った後は肌が敏感になり紫外線を吸収しやすい状態になっており、色素沈着を起こしやすくなっているため、日焼け対策を十分に行うことが重要になってきますし、クリニックのほうからも指示が行われます。ほくろ除去の手術と一口に言っても、メスやレーザーなどさまざまな手術方法の種類があるため、あらかじめどんな種類があるのか知っておきましょう。メスを使う方法に関しては、まず皮膚をくり抜くという「くり抜き法」があり、縫合しないで済む場合は手術を一度で終わらせることができるというメリットがあります。そして「切除縫合法」と呼ばれるものは、患部の切除を行って縫合するという最も基本的な方法であり、シワに沿って縫合することで仕上がりが綺麗になるという特徴があると言えるでしょう。次にレーザーに関しては、ほくろの組織を蒸発させるという「炭素ガスレーザー」や、レーザーでメラニン色素だけを破壊するという「Qスイッチレーザー」などがあります。とくにQスイッチレーザーは、他の方法と比べると最も傷が残りにくい方法だとされており、痛みも瞬間的なもので済むため麻酔も使用しない場合が多いとされています。ただし数回の治療を1〜3ヵ月ほど期間をあけて行う必要があるため、時間がかかってしまうという難点もあります。